海外旅行保険も無料で!

海外旅行保険が自動付帯されているクレジットカードなら、海外旅行に行く際にわざわざ保険を申し込む必要もありません。
保険料もカード会社が団体契約によって支払っているため、カードの有効期間中は無料で保障されます。

 

何枚もクレジットカードを持っている場合は、死亡・後遺障害の場合、カードに付帯されている全ての旅行損害保険のうち、最高額のものが適用されます。
保険金は重複して支払われることはありません。
怪我などの治療・入院費はクレジット会社が異なればそれぞれの会社から補償されます。

 

海外旅行で保険を使うときはどんな場合なのでしょうか。体調を崩したときに病院にかかったときの支払いを気にされる方は多いと思いますが、盗難の被害により保険を使う方も意外と多いです。
クレジットカードに付帯されている海外旅行保険でも被害にあった、治療を受けたといった場合の補償はされますが、気をつけなければならない点もあります。

 

慣れない海外でのトラブルに自分で対応するのはなかなか大変ですが、カードに自動付帯される海外旅行保険は、現地でのトラブルに自分で対応し、治療を受けた際の費用も立て替えなければいけません。
治療限度額も低額のものもありますので、補償内容もよく確認しなければなりません。

 

保険会社で個別に海外旅行保険に加入すると、保険証券が発行されます。(ネット加入の場合は印刷します)
治療を受けた際、提携している病院であれば保険証券を提示すれば現地での支払いはなくなります。
どちらがいいかは本人の考え次第になりますので、海外旅行に行かれる際は、クレジット自動付帯の保険と、保険会社の保険内容を比べてみることをおすすめします。