貸金業法改正(総量規制)とクレジットカード

 

貸金業法改正は、多重債務問題の改善と、ヤミ金融の排除を目的として2010年6月18日に完全施行されます。

 

貸金業法が改正・施行されると、クレジットカード利用者にはどのような影響があるのでしょうか。
クレジットカードには、キャッシング枠とショッピング枠があります。
今回の貸金業法改正の対象はキャッシング枠のみです。キャッシングの総額が、年収の3分の1以下を限度とされ、それ以上は貸付が禁止されます。

 

クレジットカードのショッピング枠は、割賦販売法に含まれ、今回改正される総量規制とは関係ありません。

 

 

すでに数枚クレジットカードを持っている場合、キャッシング限度額のトータルが100万円に達していると新規でクレジットカードを作る際に年収証明の提出が必要になります。
実際にはキャッシングしていない場合でも、キャッシング枠のあるクレジットカードを持っているだけで与信調査では貸付が100万円を超えているとみなすのです。

 

キャッシングをする必要がなく、新たにクレジットカードを作成したい方は、カードのキャッシング枠を無くしておくほうが面倒がないかもしれません。

 

クレジットカードのキャッシング枠をなくすには、カード会社に連絡をしてキャッシングの限度額を0にしたいと申告するだけです。
カードを紛失・盗難にあった場合も、勝手にキャッシングされる心配がなくなります。